この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

48

heim

ここにおいて彼らはある可能性に全く気づいてません。が、本当に本人たちが気づいてないのです。
__
閲覧ありがとうございます。
自分の創作においては各キャラに「知ってる範囲」「思いつく範囲」など別途設定されてます。故に時には何の示唆もないままキャラが完全見落とし、も普通に起こってますし、それを後で回収するとも限りません(回収機会がなければ普通に何もない)。でも普通そういうものですよね。全員気づかず、なんて珍しいことじゃないし、むしろほぼなんでも知ってる気づく、なんてキャラにはそういう設定が必須です。メルティアとソーヤは普通の人間ですので。
そういう設定のキャラは全部の創作見ても今の所約3名、かな。この創作関連では実はいません。次元の某方も未該当です。魔族の叡智ですらあれな世界なので当然ですね。もちろん読者含め全員気づかずとも問題なく話は進みますとも。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ