この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

46

heim

ほぼ情報は筒抜け状態。どこでいつどうやって知られたか、ははっきりしてますが、メルティアが知る機会はないです。そしてここまで筒抜けのくせに、この時点で彼らは廊下の彼女に全く気づいてません。なのでこの会話は素です。
__
閲覧ありがとうございます! そろそろ終盤も近いぞー、っと。終わりが見えてくると、次どうするか、という毎度の難問が訪れる訳で。今は悪魔もやってますからね。出来るだけ色んな感じのものを出していきたいなー、という希望だけはあるんですが。うーむ。
人気や公式化なんていう目標が一切ないのでそこは自由で幸せなのですが、宣伝もしてないのでまぁ皆様との出会いは一期一会で運次第、という部分は否めず。そういう部分から考えると、たまには悪魔のような、普段来ない人も来る系統のものを出すべきなのかな、なんて。うーん?

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ