この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

48

heim

本当にアミルは迷いません。絶対に迷わない&戻れなくなっても打つ手がある故に、恐怖がないです。彼の魔術士としての異質な最たる部分はそこにあります。
__
閲覧ありがとうございます! 読んでもらって本当感謝。
実はですね。悪魔の方の、オススメ数がもうすぐ1000なんです。わーい。だからまぁそれのお祝い的に何か出そうと今週書いてたんですが……超性的に仕上がってしまい。さすがに記念でアレしてるだけってどうなのっていうか審査的に不安すぎるものが出来上がったので、慌ててもう一個どうにか書きあがった、のがついさっき!
どうにかほのぼのになった。なんか最後脳内では似非妖精が「僕は愛のシューティングスター!」と叫んでるけど(注:出番はない)ただのいちゃいちゃで終わった! ふー、何かあちらは限界突破しすぎて、ゾルさんが惚気いっぱいでも平気になってきた自分が怖い。そんな週末。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ