この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

52

heim

本来、同日に師になった者は別途世界中から一緒に呼び出されます。が、こんなアミルを他の者と一緒にできませんでした。便宜上とはいえ師が主とか明かせない事実。実際にはアミルの師に該当する人はいません。メルティアと合わせて呼んだ理由はこの後の行為にあります。
__
閲覧ありがとうございます!
努力は必ず報われるとは限りません。が、努力した時間が「報われなければ無駄」とも思いません。メルティアは努力したからではなくかなり偶然に報われたし、そこにおいては本人の言動どうこうよりアミル等の動向が大きかったのは彼女自身理解してますが、かといって彼女の努力は無駄ではなく、それがあったから彼らはメルティアという存在を大きく評価しています。上手くいかない時間を投げ出さず何年も、は相当に難しい行為ですし、その精神力・忍耐力は相当ですね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ