この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

52

heim

あっさり提案できるのは、何かあってもどうにかできる自信の裏返しでもあります。アミルは面倒臭いので物申そうとしましたが、魔術書の誘惑に勝てませんでした。
__
閲覧ありがとうございます! ここしばらく減速してるのは、次の予定がまだ確定してないせいです。
さっくりいえば、しょうもないことを思いついたのでやろうとしてるけど、間に合うか微妙なライン&毎日出してると先にこっちが終わってしまうので調整してます。それでも間に合うかはわかりません。どうしようもなければ他を出すだけですかね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ