この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

51

heim

この屋敷に何かを持ち込むのはだいたいサフ。結果おねだりを断りきれないのがアミル。図書館の噂は、途中変質してますが、前にここに来た他の誰かの感想から派生してます。(アミルはなんとなく想像がついてる)
過去にも他に何人かきてますが、ほぼ全員サフが連れてきてしまった系です。普通にはたどり着けません。
__
拙作の閲覧・オススメ・お気に入り・コメントありがとうございます。とりあえず、イガルドが育てたのはシロ(白い獣)です。魔物の子。ここでサフが乗ってますが、彼らの家族的立ち位置です。護衛兼乗り物としてサフによく同行してます。ゾルさんに対し、ケルさんは別世界の魔族。なので本質はちょっと違います。ここの世界の魔族は欲に振り回されないです。ケルさんが変わり者。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ