BEST 【完結】水彩メディウム中毒症

水崎涼

♡ 53

第1話から読む

落ちぶれた若き天才画家、千葉あざみ。彼が絶望の果てに選んだのは、生きた『色』をうみだすために『記憶』を犠牲にするという魔の道だった。――これは、ひとりの芸術家が色褪せてしまうまでの、感情と記憶で飾られた、どこまでも色鮮やかな物語。