この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

緑茶

どうも、緑茶です。
『僕』は『彼女』の返事を聞けるのでしょうか。それとも。
次のお話で終わりの記憶はおしまいです。もう少しだけお付き合い下さい。
それでは、ごゆるりとお読み頂ければ。
緑茶でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ