この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

緑茶

どうも、緑茶です。
きっと彼女達は普段通りに過ごすのでしょう。
目の前に広がってとじていく日常を、その時まで精一杯に。
というところで、このお話はおしまいです。ありがとうございました。
どうぞごゆるりとお読み頂ければ。
緑茶でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ