この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

5

ふくろう

泣いた鬼の子をお読み頂きありがとうございます!!!
基本的にストーリー書く時は
夜寝る前に布団の中に入りながらネタを考える事が多いのですが、布団が暖かくなるのが人より早い私は
その温さで寝落ちするか、ネタを上げるか
毎日が勝負です!笑
夜の方がなんか色々と思い付くんですよねー…
(=´∀`)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ