この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

亜闇霊明

書き連ねて、こんな時間にしか書けないから書いていたけれど
途中から何を書いてたんだ自分とか思ってあとで読み返したら
あ、これあかんやつやとか思って消そうと思ったんです。
だけどね、めんどくさいのと手遅れ過ぎて諦めたよねってどうでもいい話を言ってみてすみませんでした。
まだまだ続きますのでよろしくお願いします。
公式になりたいという野望を持ちながら頑張ります

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ