BEST スリーピング・ローズーSleeping Roseー

羽深凪咲

♡ 17

第1話から読む

昔々、暴虐で冷酷、無慈悲な王がいました。
ある日、王が庭を散策中、一本の薔薇の棘がその指を傷つけます。
王は大層憤慨して言いました。
「薔薇の花は朽ちねばならぬ」
国中の薔薇が焼かれ、怒りは呪いに変わっていき…。
これは、薔薇の名を冠する娘と守り人たちの物語。
イラスト:みのりご 様