この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

10

羽深凪咲

気付けば、累計のオススメ数が120を超えておりました。
皆様、いつも本当に有難う御座います。
アイコンのイラストレーターさんのおかげで、キャラの顔が見えて随分読みやすくなりました。
重ねて、有難うございます、ロサちゃん可愛い!
青薔薇は次で一区切り、また賑やかな赤薔薇ペアにいけるといいなと思います。
シリアス時期は、本当、進まなくて、進まなくて……
更新が遅めになってしまって申し訳ないです。
文字数余ったので次回予告。
ロサ「シルヴィオさま、シルヴィオさま」
シルヴィオ「はい、なんでしょう?」
ロサ「ディアナさんのところ、人間関係がふくざつすぎて、むずかしいです……」
執事ヴァンニ「ロサ様!私めは、いつでもお嬢様のじぃじになる覚悟ですぞ!」
ロサ「ええと、次回、青薔薇は行き詰る(Ⅲ)です。シルヴィオさま、ちゃんと言えました!」
シルヴィオ「(……褒めるか、慰めるか、それが問題です)」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ