この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

12

羽深凪咲

お気に入り登録の累計が150を超えました!!!!
ものすごく嬉しくて、有り難くて、贅沢で勿体ない気持ち……。
お礼をいそいそ書いていたら、お知らせがもう一件来て、閲覧数1500件を超えました、と言われました。
……思考が追いついておりません、いいのかな?いいんですかね?吃驚すぎました。
皆様、本当に、有難うございます。
 
おまけの次回予告。
 
シルヴィオ・ルーカス「………」
ジュリアス「……アンタたち、言いたいことあるんなら言いなさいよ」
ルーカス「いや、安心して目の前で眠られる、って、男としてどうなんだ」
シルヴィオ「羨ましいですよね」
ジュリアス「うっさいわね!!私だって分かって――…は?」
シルヴィオ「安心できる場所になれる、信頼して頂ける、素晴らしい事です!」
ルーカス「………おい、とっとと次回予告行け」
ジュリアス「次回、赤薔薇は実験する(Ⅲ)……白薔薇ちゃん苦労するわ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ