この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

49

キルハ

小説仲間とは、この類の描写をにやにやシーンと呼んでいるのですが、これを仲間に見せるのが意外にも恥ずかしい。
書いている最中は楽しかったりするのですが、後から読み返してやっぱり恥ずかしい。
ちなみにこれくらいは、まだ自分の中では控えめです。
こみこさん的にはどこまで良いのかな?
もしかして既にアウト?
その線引きが難しいのです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ