この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

224

風見優灯

正座をして書いてたら足が痺れていま一人で半泣き状態です。
お父さんはやっぱり簡単には折れてくれない。
上手く行くことを願っています。
読んでくださった皆様に感謝を…。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ