BEST やってきた殺し屋

蒼焔

♡ 3

第1話から読む

いつもと変わらない日常を過ごしていた主人公、桐山創詞。そんなある日、マンション暮らしの創詞の部屋の隣に夫婦と一人の小さな少女が引っ越してきた。創詞は少女に話しかけようと近づく。しかしその少女から発せられた言葉は驚くべきものだった。
「わたしは殺し屋だ。ある人の依頼でお前を殺しに来た」