この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

34

新梁穂希

真面目な話すると、ラストの早坂さんはゴブリン相手には殴るだけなのもあって血も出ないし、殺した感触はするのに起き上がるし、リアルな感覚が薄れています。それが、自分と同種類の生物の死によって強制的に現実に引き戻され、その上その死体が起き上がるという、ある意味ゴブリンよりも分かりやすい『恐怖』に晒されて仲嶺を捜す使命感という精神的な支えすらも効かなくなった状態です。つまりアレです。カップ焼きそばの水切りしてた時に蓋が麺の重みに耐えきれずに破れちゃったようなもんです。どんな量の麺だよ。
いつも通り、前話で書こう書こうと思って実際書いたけどその先が完全に詰んだ状態になってしまい泣く泣くボツにした展開
ショウ
「全く、こんなゴミみたいな拘束で……アレ、取れねえ…あ、アレェ!?何で!?え、やべえ!マジで拘束された!ど、どうしよう!?」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ