この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

15

山田アナスタシア俊子

アタシが通ってた中学には伝説の番長がいたの。
喧嘩が強くてイケメンで、
いじめられてる子や女子にはすーっごく優しかったわ。
 
そんな彼に、遊びに行こうって誘われたことがあるわけ!
 
でもね……デート当日に、彼の座を狙う不良達が喧嘩を挑んできたの。
もちろん、彼は負けなかったんだけど……デートは台無し。
 
帰りに彼が「今日はごめんな……」って言って、なんだかすごく寂しかった。
 
でも、そんな寂しさは、次の日には吹き飛んじゃったわ。
だって……彼ったら頭を丸めて、勉強に打ち込むようになったんだもん。
 
で……数ヶ月した頃、アタシにこう言ったの。
「また、遊びにいかね? もう、誰もオレと喧嘩しねぇから」って。
そう、彼はデートをやり直すために不良を卒業したわけ。
 
アタシの数少ない、甘くてステキなメモリアルよ★

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ