この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

41

あねのほるん

リアル脱出ゲームとか頭駆使するものが好きです。
今年は友人へのクリスマスプレゼントをショッピングモールに隠して暗号を元に探してもうというイベントを仕掛けて大満足でした。
いつか暗号を作る側の話も書けたら面白いかなと思っていますが、悩む時間の描写がぐだぐだしそうなので如何なものかと。
あと、藤田君が最近推理小説を凝って読んでいるのは妄想話するための洞察力を養うためだと思います。
私も読もう。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ