この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

42

鬼宮凛華

ちょっと長いですが、.第41話になります。そろそろ溜めネタが切れかかってますが、未だに続きが書けずにいます。
うーむスランプとは難しいものですねぇ。話のイメージが降ってこない。
小説書きたい情熱だけが空回りしてプチ副業に向けることで炎を消さないようにしてるけど、この情熱が消えるのは怖いですね。
物書きの端くれとして居続けるためにも、頑張らねば。
次の次3章まとめにしちゃおうかな10月末にもかかってくるし、キャラ投票も票が伸びないし。
あー、ノベル版オンライン編集部にもちょっと昔の話を引っ張り出して応募してみたけど、結果が来るのが25日だっけ。それ見てから今後の更新を考えようかなぁ。あ、見たい人はチャレンジ作品を漁ってみてください。
「いつか青空の下で 終焉前の序章」です。ベストじゃないからスマホで見れないw
ではみなさん、あまり私は調子よくありませんが、次回千鬼君ターンでお会いしましょう。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ