BEST 屋上さんと僕

ねおん

♡ 14

第1話から読む

いつも通りの屋上の景色が、ここに―
ここに、なかった。
自分だけの屋上。そこに現れたのは謎めく少女。彼女は自らのことを「屋上さん」と名乗った。
それ以来僕だけの屋上が、僕らだけの屋上になったのだった。
少し不思議な学園モノ。