この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

66

雪桜

されど…
***
閲覧&オススメ&コメント、いつもありがとうございます。短い&重い話ですみません。過去編は、大体いつもこんな感じです。暗いです。
***
さて、最愛の人を亡くした悲しみから、全く周りが見えなくなってしまった侑斗。ネグレクトしてるように見えますが、飛鳥が出来ないところはちゃんと手を貸してますし、それなりに双子の世話もしてるんです。ただ、何分呆然としてて記憶がないので、侑斗目線だとこうなる。そして、頼れるところもなく、たった一人で全てを抱え込んでしまった侑斗は、ついに限界がきて、双子を手放す覚悟をします。でもこれも、侑斗なりに、子供たちの幸せを考えた上での決断でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ