この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

169

風見優灯

結構長く書きましたね。
ここでワンちゃんがきてくれなかったら後々大変そうだったので不本意ではありますがワンちゃんを
出動させました。
現実はそんな甘くありません。
助けられるのを待ってても何も起きてはくれませんからね。
自分で脱出しなければいけませんもんね。
でも無理なんですよ人間は。
何で猿のままじゃなかったんだろう

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ