この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

159

風見優灯

BLCDを聞きながら書いていたら後ろに母が立っていました。
ビックリしました。
俺「…見た??」
はは「うん。」
俺「…。」
はは「なんか…ごめん。」
俺「別にいいよ。」
つらい。
読んでくださった皆様に感謝です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ