この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

190

しおり

閲覧感謝します。
人のコンプレックスを平気で笑う人、いますよね。
そーゆーの昔から殺意が湧くタイプで、今までよく実行しなかったなって本気で思います。
過去に自分の動機をもとに、殺戮短編集を書いたことがあって、多分それのお陰で今も私は普通に生活出来ているんだと思います。
「付き合ってください」と嘘の告白をされた時も、同じように小説書きましたw
今となっては「素材」をくれてどうもって感じに考えるようにしています(^_-)-☆
連続更新企画【休み?仕事?読書だ!GW!】は5/3スタートです。
誤字脱字ありましたらコメお願いします。
次回もよろしくお願いします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ