この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

166

しおり

閲覧感謝します。
栞への愛は本物なのに、自分の欲がそれを上回ってしまった結果ですね。
夢のシーンは、私が仕事帰りのある日、雨の匂いを嗅いで、ふっと思い浮かんだワンシーンです。
このシーンを使いたくて【僕の最期】を書きました。
このワンシーンはツイッターで呟いたことがあるので、読んだことあるなって思った読者様もいるかもしれませんね。
誤字脱字ありましたらコメントお願いします。
明日もよろしくお願いします。
そろそろ終わりが見えてきました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ