この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

150

しおり

閲覧感謝します。
栞の心境は複雑だと思います。
最愛の人に殺され、最後まで嫌いになれず、純を任され。
自分はどうしていいのか悩む栞。
女霊たちを止めることは出来ないし、阻止しようとすれば自分も引きずり込まれてしまう。
そしたら純の事は誰が守れるの?
そんな感じ。
女としてあるべきか、母としてあるべきか。
誤字脱字ありましたらコメントお願いします。
次回、あとがきまで一気に更新しますね。
お楽しみに!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ