この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

43

heim

守られたヒロインにはあるまじき態度ですが、ここで「ごめんなさい」「ありがとう」とだけ言うようなタイプなら多分アミルは惚れてないのです。
__
閲覧ありがとうございます。
アミルは別にMではないし、サフも傲慢ではないんです。守られるだけの弱い存在が必要な程アミルは自己肯定をしてくれる相手を欲してないし、そういう相手ではアミルは対等には見れないのです。
そしてただ守られるよりは、無力でも出来ることを探したい&見守りたいのがサフです。今回は何か探す暇もなく退場させられたことに激怒です。それが死の淵でも目を背けたくない、のがサフの強さです。感情が高ぶると、感情の内容は問わず涙が出るタイプですが、基本はほぼ制御できるので実は希少な涙です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ