この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

45

heim

やさぐれアミル、戦士一位に会う。一瞬出てしまう素。
__
閲覧・オススメ・お気に入りありがとうございます。
この辺はサクッと進んでます。学校の描写なんてアミルが猫かぶって内心文句言ってるですしね。
アミルが美少年ならサフは超絶美少年。基準的には、アミルが街で10人中5人にすれ違いざま可愛いなと思わせる程度で、サフは10人中9人が驚いて二度見したり振り返ったりする程度なので、同じ美少年でも結構差がある感じだと思ってください。アミルが学校一の美人、サフは世界的芸能人ってくらいの差です(わかりにくい)。
しかしアミル的には超絶美少年よりも重要なものです虚ろ(うつろ)。正確に言えば、この世界の魔術士にとっては虚ろより重要なものは数えるほどしかない感じです。その理由は次回長々説明します。自分には珍しい、ただの説明回です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ