この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

50

heim

閲覧・オススメ・お気に入りありがとうございます。
実はこの話の「前半:アミル編」はここで終わりです。え?、ですね。自分の普段の創作と違う流れですが、それは章が振られてなかった時点で聡い方はお察しだったかと。この話は前半のアミル編、後半のサフ編を合わせて1つの物語です。
ここまででアミルは色々あった挙句、自分がこの先どうしたいかまで決めてしまったので、アミル側はここで区切りとなります。残るはサフがどうするか決めないといけないのです。卒業まで後少し。次から視点はサフです。男子校で男装してる美少女の、少し危ういスクールライフ。これだけだと少女漫画にありそうです。
いまいち危機感がないように見えるサフがどう思っているのかが、次からわかる……かもしれません。お暇な方は、すいませんがもう少しお付き合いくださいませ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ