この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

36

heim

「私に負ける程度の人が私達を守る? 無理でしょう! 足手まといよ!!」
__
閲覧・オススメ・お気にいり・コメントありがとうございます。
懲りずに何かの記念日にかこつけて更新をお届けしております。
え、タイトルの記念日と絡んでない? いやいや大丈夫。「精霊(しょうりょう)の日」です。ここでいう精霊は「死んだ魂」の方。なので、作中で既に死んでいる方に関しての会話です。サフ母。某交流世界で名前まで出てるあのお方に関してのサフの思い出。思い出の中の母は、なんか大体元気です。
機会があれば、精霊の森辺りで、今度はクリア視点からのサフ母話をアミルが聞いてる話が出るかもしれませんね。クリアから見たサフ母は、また違った側面があるお方です。
サフ父と関係が薄い理由も、機会があればどこかで。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ