この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

22

愛野進

はい、やっぱり、私って地の文が苦手だなって思います。最悪全部セリフにしようかな……無理ですね。状況説明とか大変なことになりそうです。とりあえず、徐々に力をつけていけたらなと思います。
 そういえば、毎回オススメ押してくれる人、ありがとうございます。案外とっても嬉しいものだと知りました。ありがとうございます。
 そして見て下さってる方、こちらもまた、ありがとうございます。ちなみにハルナ達の一年生の章は今回のハルナの実家篇が終わってようやく折り返しというところです。ですがやっぱり後になればなるほど内容が大きくなっていくので楽しみにしていてください。そうですね、一応言っておきますと、最終的にハルナ達は……やっぱりそれはストーリーで。それでは。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ