この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

22

愛野進

 はい、今回もいつもより短いかもしれません。そして今回はシルベットイケメン回と説明回でした。結局ディグレイドの内通者が誰なのかはさらに分からなくなってしまいましたね。私もびっくりです。見つけさせる気があるのかって感じですよね。まぁ、ディグレイドの内通者がはっきりするのは第六章なので今はそこまで気にしなくていいかもしれません。
 さて次回はナツキの話になります。ナツキの過去話ですね。ぶっちゃけ、私は過去話を書くのが苦手です。なのでかなりその話は短く終わるかもしれませんがよろしくお願いしますね。
 ここからは余談ですが、最近また新しい話の構想が出来上がりました。とはいえ、現在二つの物語を同時進行で進めているので、流石に三つは厳しいと思います。どちらかが終われば今度そちらをあげたいなと思っていますがいつ終わるんでしょうね。どちらも相当長いので、どちらか年中に終われば良い方だと思います。それでは。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ