この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

21

愛野進

 はい、先生の正体は吸血鬼でしたー。といっても、この世界における吸血鬼がどんな立ち位置なのかは次回もう少し詳しく説明したいと思っています。いや、次回じゃないかもしれませんが。
 とはいえ、次回、第五章ナツキ篇は終わりです。そしてついに第六章、つまり一年生篇最後の章が始まります。そうですね、第五章がナツキ篇で第六章はたぶん、騎士篇ですかね。中心はディアルタルカ王国全体の話になるので、楽しみにしていてください!
 さて、ここからは私事ですがなんと二作品完結してないのに、何を血迷ったのか三作品目を投稿しました。無事ベストチャレンジになったので報告だけ。タイミングよく「吸血鬼」がサブタイトルになってますが、そちらは不死身男と吸血鬼女の話になります。それだけ聞くとラブコメかと思われるかもしれませんが、私はバトルファンタジーしか書けませんので。上手く文章に出来てないかもですがそちらもお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ