この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

19

愛野進

 はい、というわけで第六章では一つに星覧輝来祭、そしてもう一つに王族任命式があります。王族は結局アリエスのイルティルミス家がなることになりましたが、それがどう物語に関わってくるんでしょうね。
 さて、早速ですがこの話はバトルファンタジーであるということを忘れている方はいませんか?笑 そういう方がいらしたらもう一度思い出してほしいと思います笑。書いていて思ったのですが、少々っていうかかなり恋愛をしている第六章ですよね笑。ですが、おそらくこの六章分で第六章が一番戦闘が激しいので、恋愛ものだと思ってくれても構いませんがそういう要素もあることは忘れないでくださいね笑。本当は平和なまま終わってほしいですが、作者はすぐに戦わせたがるんです笑。その癖して恋愛要素も入れたがるんですから、我がままですよね笑。ですが、戦いに恋愛は付き物だと思っているので笑。それでは、これからもよろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ