この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

鹿夜ジュン

もう1人の自分A :「瑞希視点と憂田乃視点しか書いてねぇじゃねぇか!!」
自分 : 「何だー?私は百合が好きなんだよー。いい感じなのにわざわざノーマルに戻す必要ねぇだろ ー」
A :「書きたくない内容を書いてもつまらんな。なら、突然五話分とか上げるんじゃなくて、週二話ペースで書け」←ものすごい重圧。
自分 : 「わっ、わかりましたっ!」←ビシッ!敬礼 。
何がしたかったのやら…。とどのつまりは突然の投稿ではなくキチンと週二話ペースで書きましょうと言うことでございます。
長々と失礼しました!週二話できるかな?

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ