この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

あめ

イベントのようなものをやっていたので、それのしようにしてみました。少しだけ内容も変えています。
オマケ 「そう言えば、今日でしたかな? 最後の生徒たちが埋めたタイムカプセルを掘り起こすのは」
自身の頭と同じように、言葉の余韻は薄くなっていく。
「あの子達の為になるものに、なるといいのぉ」
元校長は窓を開け、遠くに見える小学校へと思いを馳せるのであった。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?