この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

あめ

閲覧いただきありがとうございます。150000字、無理ですね。なんとかミステリーっぽくしようと思ったんですが苦しそうなのでやめました。そのため、ミステリー賞のタグをはずしております。
オマケ
さき小学校の元校長が窓を開けた途端、風が勢いよく部屋へ吹き込んできた。それは冷たく、校長の身体を刺す針のような攻撃性を纏っている。
「この寒さで、あの子達が風邪を引かなければ良いがなぁ」
部屋から外へと飛び出した風は、どこか温かみを含んでいるようだった。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?