BEST 甘ツ言―A sweety cajolery sweets―

時雨ノ宮蜉蝣丸(九頭竜零)

♡ 10

第1話から読む

『世界は甘くなんて、ない』――出会いは甘く。別れは苦く。味気ない日常と、鮮明すぎる悲劇、あるいは喜劇。お菓子を小道具に紡がれる、誰かと誰かの青春短編集。一話完結、時々継続。不定期更新。