この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

時雨ノ宮蜉蝣丸(九頭竜零)

京都の夏の風物詩『水無月』。
水無月の頃に出されるお菓子だからと、その名がついたとか諸説。
また、あまり仕事をしない回です。今回長いので、分割します。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ