この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

215

朝貴

完結じゃーーい\(^o^)/ 最後までお付き合いくださり感謝しかありません。皆様のお蔭で愛すべき伊藤に未来が生まれました。本当にありがとうございます。ちなみに、この後区役所に行きますが証人欄にサインがなくて正式に受理されないというオチ付きです。
伊「証人!忘れてた!どうしよう!ていうか、俺詩織さんのお母さんにも挨拶してな…」
詩「……」
伊「…怒ってます?」
詩「怒っているというより、呆れています」
伊「余計辛い」
詩「……母には既に連絡しました。飛んで帰ってくるそうですので、会ってやってください。それから証人欄は伊藤さんの希望する方で結構です。…やはり、望月課長と奥様がよろしいのでは。それから優にもきちんと話を…何ですか」
伊「いや頼りになるなーって惚れ直してるところです」
詩「…馬鹿じゃないですか」
と続きます← この先も普段は詩織が、いざという時には伊藤がリードすればいいと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ