この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

アリス代行代理

クラスでリア充の分類にいる人達と一時期ずっと仲間(グループ)に居た時があります。
最初は本当に普通の感じでしたが、何時からなのかその輪に居る自分が「優位に居る」と錯覚し、そこから今まで話していた友達と全く会話をしなくなりました。
けどその時はリア充組の仲間がいたので、その友達の事は全く気にも留めませんでした。
その時初めてその友達の事を「本当に友達だったのかな?」とか考えた時があります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ