この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

10

あねのほるん

六話目にして『卵』のワードが出てきました!
「人に忍びざるの心を以て~之を掌上に運らすべし」は私が古典の中で特に思い入れ深く覚えている一文です。
暇に任せて古典のノートの端っこにこの一文を漫画にしたものを描いて、(あと源氏物語の「若紫」も描いてました。そっちは全編カラーで)うっかりそのまま提出したら担任(古典担当)と母親が爆笑しておりました。
あのノート、どこ行ったんだろう(笑)

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ