この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

9

夜桜苹果

暗い地下室、暗い憂鬱。
さあどうぞ、命に沁みる一杯を。
 
 
<作者>
初めまして、あるいは、ここでもお会いしましたね。
夜桜苹果です。
普段はホラー・オカルトのベスチャレの方で書いているのですが、こちらのようなジャンルも書いてみたいと思い、やって来ました。
 
私が普段どんなことを考えて生きているか。
 
創作とは捜索です。
素人ごときが何を、と思われるでしょうが、私は書いていないと死んでしまう人間です。
そんな私の世界観の一端を、感じていただければ有難いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ