BEST 君の手に、君の眼に。

蒼月そら

♡ 2

第1話から読む

要人警護の職にあたり、東京で過ごしていた正志は、あることがキッカケで警護の職を辞めた。
―――助けて。
時折思い出す記憶に苦しむ正志は、一年後、故郷に帰った際に電車の中で一人の女子高生に出会うことになる。視覚障害のハンディがある彼女は、やがて正志の心の闇に気づき、手を伸ばすのだが。