この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

32

愛野進

カイ「今回、危うくおれは暗殺されるところだったんだよな」
エイラ「本編でも言いましたが、暗殺されてもよかったんじゃありませんか?」
カイ「何言ってんだよ! タイトルの一番最初におれの名前があるんだぞ! おれが死んだらこの作品終わりだろ!」
エイラ「いいえ、私が引き継ぎますよ。タイトルは変えますけどね。そうですね、『エイラ~麗しすぎる侍女~』なんてどうでしょう」
カイ「それ絶対作品のジャンル違くなるよね!? 絶対王城でのドロドロした恋愛話になるだろ!」
エイラ「あら、それはそれで面白そうじゃありませんか?」
カイ「ていうか、絶対エイラよりもイデアの方が主人公だろうが! おれが死んだらタイトルはイデアがもらうに決まってるね!」
イデア「カイがいないならこの作品出なくてもいい」
カイ「イデア……!」
エイラ「そんな締め方ですか」
というわけで今回からこんな風にしますので、よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ