この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

25

愛野進

カイ「正直さ、ダリルとメリルがくっつくのはなんとなくそうかなー程度で描写全然なくなかった?」
ミーア「確かにね。チェイル王国の宿でのシーンが正直唯一だよね」
エイラ「一応途中途中ダリルが登場すればメリル様も登場してましたが、やっぱり少し分かりにくいです」
ダリル「なんでも、旅の道中で混ぜようとしたらしいが話が蛇足になるんじゃないかという理由でカットだそうだ」
メリル「残念だったねー」
カイ「まぁただでさえ茶番が多いからな、このお話」
ダリル「茶番の代わりに私とメリルの話を入れればいいものを」
エイラ「ダレトクですか。確実に茶番>ダリル&メリル様ですよ」
メリル「あれ!? あたし初めてエイラにけなされてる!?」
エイラ「いいえ、けなしているのはダリルだけです。ダリルの恋愛模様なんてメリル様が積極的に詰め寄ってダリルがあたふたするだけでしょう」
メリル「合ってる……」
ダリル「何だおまえ……」

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ