この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

29

愛野進

カイ「あれ!?今回俺達出るんじゃないの!?」
イデア「長さの問題で次回に回されたらしいよ」
エイラ「いいじゃないですか、つまり次回はカイ様に常にスポットライトが当てられるんですから」
カイ「む、そう考えると悪くないな」
ライナス「だがそのスポットライトは俺が頂く」
カイ「ライナス!?」
ライナス「おまえは十分浴び続けてきただろう。そろそろ浴び過ぎて灰になってくる時期じゃないか?」
カイ「スポットライトにそんな殺傷能力が!?」
ライナス「別に構わないだろう。兄弟でおまえだけ目立っているのが腹立たしいんだ」
デイナ「そんなこと言ったら俺だって―――」
ミーア「デイ兄はおいといたとしても私だって浴びたいよ!」
デイナ「俺の扱い……」
カイ「安心しろ、デイナ。おまえは「2」でちゃんとスポットライトを浴びるからよ」
デイナ「おまえに慰められたくないわ!」
ゼノ「我が子ながら馬鹿ばっかだな……」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ