この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

22

愛野進

カイ「遂に始まった『2』だけど、いきなり不穏すぎないか?」
イデア「誰かがエイラさんのことを探しているみたいですよ?」
エイラ「人違いじゃないですか? それか私に求婚したい人ですかね」
カイ「求婚!?」
エイラ「ええ、これでも私美人なので、私へ寄ってくる男性は数知れずなんですよ」
イデア「流石エイラさんですね!」
エイラ「……えぇ、まぁ(今更嘘だなんて言えない)」
カイ「エイラ、分かってると思うけど、イデアは純粋なんだよ……」
エイラ「今度から言葉を選んで発言することにします」
カイ「それよりも『2』の話を少ししようぜ!」
イデア「と言ってもだいぶネタバレになっちゃうよ?」
カイ「バレない程度に決まってるだろ!?」
エイラ「まぁ、簡単に説明しますと、〇〇〇が〇〇へ、〇〇達は〇〇〇を〇〇するために〇〇へ、一方〇〇〇と〇〇〇〇は〇〇と一緒に〇〇へって感じですかね」
カイ「何も分かんねえ……」

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ